FC2ブログ

ノーベル賞

そいえばブログの説明が「理系ヲタク学生」だったことを思い出した
この『ヲタク』って言葉、初めは『理系』の部分にもかけてたつもりだったんだけど
ここ最近ぴんはサイエンスに関して疎いことを実感してたので
(というか実生活のまわりのみんなが濃すぎ)
まったく触れないエントリー三昧・・・

もはや「理系専攻のジャニヲタ」ブログなんですが
せっかくなんでね

南部先生、益川先生、小林先生、
ノーベル物理学賞受賞、おめでとうございます
素粒子はぴんには抽象的過ぎて掴みきれてない分野なんです
(正直、受賞対象の研究をWSなどで端的に説明するのは無理だと思ふ・・・)
現象として見る事が難しいからこそこの学問を成り立たせること自体
よっぽどの論証がなければなしえないことだと思いますが
そういった分野でストーリーを成立させたのは大きな功績に違いないと・・・


そして下村先生、
ノーベル化学賞受賞、おめでとうございます
というか、ありがとうございます


GFPの単離ってそういえば日本人研究者だったんですよね
忘れておりました
ノーベル賞選考基準は知らないんですけど
「まだ受賞してなかったんだ、というかまだ受賞できたんだ」
というのが率直な感想です
別に先生の研究についての良し悪しを言ってるんではなくて
GFPなんてもうバンバン応用まで使われてるのに
最先端の研究とノーベル賞受賞対象となる研究の
時間の進み方が違うんだなーって思って

教授が「ノーベル賞を取るにはまず長生きすることだ」と言ってたのを思い出した
研究はそのときでなく(特に大学で行われるような基礎研究は)
研究者としての成果が出てくるのは30、40くらいだけれど
実際それが応用まで発展するにはさらにその10数年後
社会に貢献することがノーベル賞の受賞理由である以上
ノーベル賞候補になるにもそれだけの期間が必要ってことで・・・
かめなっさんから「ノーベル賞とかとったら俺の名前でね・・・!」と言われてますが
ということはかめなっさんも長生きしていただきませんとーーー!
(いいたかったのはこれ↑らしい)

偉そうなエントリーとなりましたが
わたくし化学をかじり始めたばかりのイチ学生にすぎませんので
あしからず~

にしても名大がアツイ
ノーベル賞受賞者3人輩出ってでかいよなー

スポンサーサイト



愛カツ vol.53

「連載一周年突破」ということで
カートゥンKAT-TUN 語るーんっ
でSP4ページ!!!

過去の収録風景の写真ももりだくさん
そしてメンバーがひみつを語る!

語ってる仁亀がイイ感じでシンメです
口に手をそえてるとことか!?
しかめっつらぶりとか!?
グリーン系のビーズアクセとか!?
カメラマンさんからの指示か笑!?

亀は自分のアヒル口のこと好きくないの!?
かわいいのにー( ̄~ ̄;)
そして右の顔のが好きなの!?
右のちょっとキツイ目のほうが好き
左は甘いから、アイドルっぽい

言われてみりゃそーかも!
でも残念ながらぴんはどちらかなんて選べません!
あまあまで魅せてくれる亀も
全部見透かすような鋭い視線も大好きです(━_━)ゝ

来週のゲストは貫地谷さん
そして表面張力ゲーム
真剣にコップを覗き込む亀の上目遣いがきゃわー
そして4コマにて真剣な亀を見守るじんじんが素敵だーーー