FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うららかに春の光が降ってくる

この歌詞から始まる卒業式の歌を知ってる人はどれくらいいるのだろう

タイトルはまんま「卒業式の歌」
この曲は掛け合いになっていて

卒業生が歌うパートに在校生が歌うパートがある

うちのとこでは省略するけど先生や保護者が歌うパートもあるらしい

掛け合いなのでお互いに言い合う

卒業生はさようならさようなら言いまくる

在校生はおめでとうおめでとうと言いまくる

そしてよい日よい日と連呼するのである
入学したてで幼心にはさよならなのに何がおめでとうで何がよい日か全然わからなかった

でもよい日よい日言いまくるうちにサブリミナルなのか

高学年になるころにはよい日なんだろうと思うようになった
だからKAT-TUNから初めての卒業生を送り出す今日は

きっとよい日なのだと思うことにする

よい日よよい日よよい日よよい日よ

よい日今日は

そしてありがとうありがとう連呼しまくりたい
ありがとうありがとう

ありがとう
スポンサーサイト

2016年 3月 22日

もう1日経ってしまったけれどシレッと更新しますね

KAT-TUNデビュー10周年おめでとうございます

いろんな方の投稿を見て

ああ、キレイな言葉でばかり飾る必要はないんだな

なんて改めて思ったけど

やっぱり今までKAT-TUNで居てくれた彼らに敬意を表して
KAT-TUNもスタッフさんもお疲れさまでした

辞めるとかなんだよ!とか

辞めるんだったら絶対とか軽々しく言うんじゃねーよ!とか

ほんとは6も5も4も平等に好きでなんかいられなくて4の当事者にイラっとしたわ!とか

それでもまだまだ辞めてくとかふざけんな!残される側を気持ち知った上でとか鬼かよ!とか

充電期間なんて無くてもいいじゃん!とか
本人目の前にしたら言いたくなることが

正直てんこ盛りだけど

それでも信じるしか出来ないで来たし

裏切られるのがこわいから信じないほうがラクなのに

これからも信じてついてっちゃうんだ

バカだなー

なんて自分を見ながら

それでも信じて良かったわー

なんて振り返りながら

きっとこの先を過ごすのでしょう

わたしが最初に魅了されたギラギラでオラオラのKAT-TUNはもう想い出になってしまったけれど

正直、なんて形容していいかよくわからない今のKAT-TUNも

やっぱり見逃すなんてしたくないし

ずっとずっと見ていきたいのです
こんなお願いして良いのか迷うけど
すぐにKAT-TUNとして戻ってきてほしい

ソロ活動でソロ志向なんて芽生えないでほしい

不安だけど想うしか出来ないのなら

ありったけ想い続けるから

早くKAT-TUNとして活躍する日々に戻ると良いな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。