スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャニオタ結婚式 準備編

完全なる私事ですが
結婚しました。
そして結婚式しました。

小さい頃は自分が誰かと付き合うことさえ想像できなかったし
自分は独身貴族を貫くものだと思いながら勉学に勤しみ進学していった。
そして学生時代にKAT-TUNにはまった。

でも KAT-TUN オタになり好きな曲が出来ると、不思議なもので
この曲で披露宴は入場する、とか相手もいないのに妄想できるようになった。
毎年コンサートに行くたび、今回のセトリの ED も披露宴の退場曲にバッチリだなと勝手に査定するようになった。
彼氏ができる前から結婚式を如何にKAT-TUN 色に染めるかのイメトレだけはバッチリ始めていたのである。
合コンや婚活といった異性と出会う努力などは一切しなかったのにである。

交際が始まると、具体的に結婚したいとも言われていないし
自分も結婚したいとか強く思っていたわけでもないのに、
結婚式ではこんなことしたいという妄想だけは膨らんでいく。結婚願望ならぬ結婚式願望である。
婚姻とか関係なしに、自分がホストとなり大勢のお客さんを迎え、
それなりにお金をかけてもてなすという行為をしたかったのだろう。

コンサートの主催の疑似体験をしたかったのかもしれない。
と言ったら収益を上げ、大勢のお客さんを楽しませ立派にコンサートを催しているアーティストと
崇高な精神のもとそこに集うファンの方々には大変申し訳ないのだけれど。
一般人が大義名分のもと自分が主役となり見世物ができる数少ない機会であるから、
そんな気分を味わうことにもなるのかもしれない。
そして実際に企画と準備をしていく中で、この「コンサート」というものから強く影響を受けたジャニオタとしての自我が強く反映されていったのである。

そんなジャニオタを拗らせた結果の結婚式であったけれど
オタ友からなかなか褒めて貰えたので記録としてここに認めることとする。
長くなるが興味ある方はお付き合いください。

【スペック】
嫁:亀梨・田口世代、亀担10年目のジャニオタ
理系出身、仕事は休職中ゆえ時間はたくさんある
母は自由主義、姉がやや保守的なゆずファン

婿:1つ年下、アニオタで声オタ
大学の研究室の後輩で現在も理系職に勤める
ジャニオタの妹を持つ

そもそもこのタイミングでの結婚となったのは
旦那の好きな声優さんが今の私と同じ年で結婚したから
それに合わせたいという
わかるようでわからない理由からきているらしい

・会場選び

会場は希望の神社と提携していること、会場の規模、旦那のやりたい演出ができること等総合的に考えてホテルやレストランなど5か所下見した中から選んだ。
結果的に BGM や映像の自由が効いたようなので(他でやる友達から聞いた話と比較して)、
値段はそれなりにしたものの良かったんではないかと思われる。

・衣装

衣装は半年前から選び始めた。人気のシーズンということなので、衣装もいいものから早いもの勝ちで埋まっていくと脅されていたため余裕をもって開始。
しかも大概は1回では済まず2,3回試着に行ってから決まると聞いて居たので早めに行動。
私が神前式希望だったため和装と洋装探すことに。

色打掛が着たかったんですよ。花魁亀梨君をやりたかったのかもしれない。
いろいろ試着してみて定番の赤は似合っていたし、KAT-TUN っぽいからいっかな~とか思ってたのだけれども、
ラストのほうで着てみたサーモンピンクが結構似合うしおめでたい柄満載だったため結局そちらになりました。
逃れられないピンクの呪縛・・・しかも並べてみると色合い的に花魁亀梨君と割と近い。粘り勝ち。
図10

そしてそれよりも重要視したかったのは花婿衣装。
袴は黒紋付きでお互い納得し無難なやつを選択。亀梨君の成人式も黒紋付きだったし。

問題はタキシード。ジャニ感溢れるすごいやつを着せてみようと思っていた。
でも私の基準がドリボカズヤ(以下参照)みたいなイメージだったのでさすがにそこまでギラギラついているようなものもテラテラするような生地もない。
タキシード

とりあえず本人が着たいのを選ばせてみるとシャイニーグレーとホワイトを選ぶ。なかなか分かっているではないか。
もう1着選んできたのは上が薄いグレーと下が黒でカジュアル目。ダメだ!わかってない!
前者2つで迷ったが、こんなことがないと絶対着ることがないからとホワイトに決定。さすがに赤は置いてなかった。

あとは装飾品で何とかするしかない!と「羽根とかありませんか?」と素直に聞いてみたものの準備してないとのこと...
まあお祝いの場だし殺生を連想させる鳥獣系のものは良くないだろうとあっさり諦めパールとクリスタルのついたブートニアに落ち着く。

・ウェルカムグッズ

なるべく節約したいとウェルカムグッズは、ウェディングツリーとスナップ写真、和装をモチーフにしたミニボードを自作。
といっても和装のボードはキットが売っていたのでそちらを購入して作成。
お金がある人は作成済みのでもいいだろうけど時間はあるけどお金ない状態だったし、そういう工作が好きなため作りました。
あと2次会用にうちわを作成。

公式うちわの顔写真じゃない側といわゆるオタうちわのリバース仕様。
公式は「 Happy wedding 」をツアータイトルっぽくしてそれぞれの名前と日付を配置したものをデザイン。
なんか足りないなと思ったらロゴがないことに気が付きなぜかロゴを作り始める。

PC には明るくないので、手書きである程度デザイン考えたのをスキャンして pict bear というフリーソフトで対照線とか直線、曲線ツール駆使して形にしました。
普通に結婚式のロゴ作成とかもあるみたいなので、自作でなくとも興味ある人はやってみたらいいのでは。

ちなみにデザインしたロゴは2人のイニシャルでハートを象ったようなもの。今見返すとマイルドヤンキー感が漂う。



頑張ってロゴをデザインしたものの実際のうちわ作成は式直前の想定外に忙しい時期になってしまったものだから細かいカッティングが出来ずに結局うちわにロゴは入らなかった。その分ムービー内で多用することに。

図11

つづく。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。