スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャニオタ結婚式 披露宴後編

個人的一番の見せ場であったお色直し入場から引き続き紹介

・お色直し入場 離さないで愛/亀梨和也
曲の了承を得るとき、若干無理かも知れないと思いながらプレゼンしたら
思いのほか乗り気であっさり決まったこの曲。悲願である。
イントロがドアオープンにぴったりだった。選んで大正解。
オタ友席から盛大な○サインをもらった。

・再入場直後のテーブルラウンド
フラワー/KinKi Kids、世界に一つだけの花/SMAP
サクラ咲け/嵐、花唄/TOKIO
このとき点火したり注いで回る演出だとネタバレ感がすごいのが嫌だという。
そこで選んだのがテーブルラウンドで花を配り
それを後で一斉に液体に投げ入れてもらう演出。
ということで花ビラ配りながら花にちなんでジャニーズ花メドレー。

・花びら投入 花の舞う街/上田竜也
ラウンドし終わって一斉に花びらをグラスに投入してもらうときはこの曲。
タイトル通り花に舞ってもらった。ちなみに当日は上田君の誕生日。
図7

・メイン演出 マジックコロナ ヒカレ/ゆず
演出はフェアで見るまではイメージがわかなかったのだけど、フェアで見て絶対やるって決めたのがこれ。
ライブの FIRE and ICE の色付き炎!!!ってなって絶対これやると言い張った。
図9

今までの出席した結婚式で見たことがない新しいものを探していた。
色のついた炎はまだ見た事なかったので旦那も納得。
実際やってみても理系の集まる同期のテーブルも盛り上がっていたので正解だった模様。
ちなみに点火直後は普通にオレンジ色の炎であれ?失敗?とか思ったけど
しばらくしたら各色に変化。写真だとわかりづらいな。
図8

コンサートの特効ではものすごい火力なのだろう。
まあステージが煙るだけ焚かれていればそうか。

このときの曲は 「FIRE and ICE」 と行きたかったのだけれど
「どんな困難待ち受けても突き進む」とか結婚生活を始めるにあたって勇ましすぎるのでヒカレに。
安直な決定。

「マジックコロナ」
http://www.magic-corona.com/what/what.html

・手紙朗読  toU   piano ver/Bank band
歌詞がないものでとリクエストされていたので
ずっと聞いていて好きなこの曲に

・花束贈呈  mother/father /KAT-TUN
それこそ付き合う前から結婚式で絶対に使うと決めていたので有無を言わさず決定
君にとってこの僕は誇りになれた?

・退場曲  precious one オルゴール
過去のコンサート閉め曲とアンコール曲などが候補。
何曲かプレゼンした結果旦那の同意を得られたのがこれ。

・エンドロール
構成を自分で考えていた時点では完全にBGM は「4U」 でした。
それに合わせて写真選んだり鳥を飛ばしたり木を彩るアニメーションも考えていた。
ちなみに映像とリンクしてウェルカムボードに小鳥を止まらせる仕様。
けれども話し合いで屈し、BGMはアニメの挿入歌に。。。
ここで結婚とは譲り合いであることを学ぶ。

代わりに 「4U」 は2次会の退場曲となった。

・送賓
明るめの曲 「perfect 」や「不滅のスクラム」の他、
「ありがとう /SMAP」 、「ありがとうの唄 /V6」 、
そしてゲストがお好きな曲をチョイス。

その他、「喜びの歌」、「Kiss Kiss Kiss」など入れ込めなかった曲は二次会の歓談曲へ回した。

振り返ってみると前半、特に中座前までのBGMはジャニ曲を排し
完全にひよった構成となっている。後悔はしていないが思う存分オタ曲で固めたかったのも嘘ではない。
これから結婚式をする予定でジャニ曲満載にしたい人は
周囲の反応も大事だが、悔いの残らないセトリができることを祈っている。

実は式の2週間前までは亀梨君主演、「青い種子は太陽の中にある」の舞台だった。
私も東京、大阪と準備の合間に観劇…いや観劇の合間に準備をしたのか、よくわからないくらいだが、
ともかく両会場に、足を運んだ。
なので準備に必要なものや小道具は開演前に渋谷や心斎橋のハンズで購入したものが多い。
ハンズはウェディングコーナーもあるので参考になることも多く、今回は大変お世話になった。

映像の編集作業は私は機械に疎いため基本的に夫に一任した。
しかし不測の事態を鑑み早くから取り掛かるようにとスケジュールにだけは口を出した。
にも関わらずまだ大丈夫だといつまで経っても取り掛からず、
始めたら案の定手間取り、式直前まで二人とも深夜3時まで作業する日が続いたときは
何度も離婚がチラついた。
しかし仕事から帰ってきてから遅くまで作業してくれたことを思うと夫には感謝している。
そして、この教訓を生かし、先延ばしグセは治すよう誓約を結ばせた。
自分で編集を考えている人は結構時間もかかるし、
曲の拍子と映像の切り替えを合わせるなど細部を合わせこむのも大変なので
是非とも時間に余裕をもって取り組むことをオススメする。

そして娘、嫁が大事な結婚式という場でゲストに向かってオタ暴露しても
苦情も言わずやり遂げさせてくれた母と義両親にも感謝である。

ちなみに各ゲストの反応

夫上司 「意外な一面を知った」
共通恩師 「専門的知識を有する趣味同士気があうのだろう」
夫友人 「俺もあの曲使いたかったのに先越された」
私オタ友 -_-b -_-b -_-b
私友人(エイト担)「エイトの曲なかったんだけど!」

長くなったがKAT-TUNオタアニオタが結婚式を挙げた場合の一例は以上である。
大変ではあったが非常に満足感のある式となった。
結婚式なんて自己満足の塊なんだし悔いはない。

参考にはならないだろうがこんな結婚式もあるのだと読んでくれたらこれ幸い。

図16

新婚旅行編へとつづく。

コメント

いきなり失礼します!!
KAT-TUN大好きなものです!
わたしも来週式です!!
そんな時あなたのブログを発見しました!!
とても参考になりました(●´-` ●)
ありがとうございます!!

2015/11/29 (Sun) 01:32 | えりか #- | URL | 編集
Re:

えりかさん

コメントありがとうございます。
お天気も良さそうですし素敵な結婚式になるといいですね^o^

2015/12/05 (Sat) 13:08 | 管理人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。