FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分かり合おうなんてどうせはイミテーション

熱量じゃどうにも出来ないこともある。何が足りなかったんだろう。

5年前考えに考えた。答えが見つからなくて。どこになにをぶつけていいかもわからず泣いた
2年前、あの時は今思うとハッキリしていた。話し合いをして説得したと言ってくれた。でも交渉は決裂した。やりたい事が違ったのは明確だった。

私の中では分別がつき悲しみはもちろんあったから多少涙も流したが、途方にくれるわけではなかった。

そして話し合って進んで行くと彼らは約束してくれた。
決して同じ轍は踏まないと誓ってくれたのだと思っていた
そして今、本人から伝わってくる文面は定型で、何が違うのか、どう方向性が違うのか見えない

言葉はあるのに5年前と同じで暗闇の中を手探りで物探しをしようとしているようだ

「よく話し合いとかするようになって」的な事はよく口にしていたはずだった

だからきっと2年前よりはそうしていたのだろう

でもその話し合いがどうなったかはよく考えたらこちらからは何も見えない
話し合いを重ねたところで分かり合おうという気がなければやっぱり同じなのか

話し合ったからってこの刹那には明るく見える結論には至らないのか

彼らの事は信じたい

信じているつもりだ
でもずっとKAT-TUNでいると宣言したものの去っていく背中を見て

信じる事を恐れていないかと言ったら嘘になる
それでももし亀梨和也がKAT-TUNとしてやっていくというならば

信じてついていくしかない

いつの日かそれが嘘となりそっと心に仕舞われるとしても
彼が自分自身にとって最良な道を選べればいいとも思っているが

心の底ではKAT-TUNとしていてくれること、それも望んでいる

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。